ホーム > 近畿木造住宅協会とは?
















 お知らせ
  
 
 工務店様紹介
    
 
 

  本事業は、地域材等資材供給から設計・施工に至るまでの関連事業者が緊密な連携体制を構築し、地域資源を活用して地域の気候・風土にあった良実で特徴的な「地域型住宅」の供給に取り組むことを支援し、地域における木造住宅生産・維持管理体制を強化し、環境負担の低減を図り、省エネルギー性能や耐久性等に優れた木造住宅・建築物の供給を促進することにより、地域の中小住宅生産者等が供給する住宅に関する消費者の信頼性の向上、住宅・建築物の省エネルギー化に向けた技術力の向上を目指し、地域経済の活性化及び持続的発展、地域の住文化の継承及び町並みの整理、木材自給率の向上による森林・林業の再生等に寄与することを目的としています。近畿木造住宅協会の「はんしん木心地のいえ」は本事業の採択を受け、新築住宅1戸あたり住宅のタイプにより100〜185万円の補助を受けることが出来ます。  
 
 
 
 
  >>地域型住宅ブランド化事業の詳細はこちら
 
 

  はんしん木心地のいえは住まい手の安心・安全に配慮した家づくりを基本とし”はんしん”ゆかりの木心地を組み込んだ家で、新しい住まいの
  中に地域の伝統技術を活かした住まい環境を実現することを目的としています。
 
  はんしん木心地のいえでは長期優良住宅仕様を基本として+αの共通ルールを設定し、これらの共通ルールに基づき建設された住宅に対し、
  その費用の一部として最大100万円の補助を受けることができます。

  >>はんしん木心地のいえパンフレットはこちら
  >>はんしん木心地のいえ適用申請書はこちら
 
  ■JBNの住宅履歴「いえもり・かるて」を活用し適切な定期点検の実施に繋げます。
  ■住宅引渡し時にお施主様に、日常の掃除とお手入れが重要であることを「JBNすまいの管理手帳」を使い住宅のお手入れの方法を
    ご説明します。
 
  ■構造見学会、現場完成見学会等を開催し、普及啓発に繋げます。
  ■JBNと連携し、先進技術活用勉強会を開催します。
 
 
 
TEL:06-6245-1333 FAX:06-6245-1353 Mail:jimukyoku@kinki-mokuju.jp